単独型(独立型)居宅介護支援事業所

ケアプラン

自社サービスにヘルパーやデイサービス等の併設サービスを持たない事で、ご利用者様に合ったサービス事業所を紹介したり、目的に合わせたケアプラン作成が可能となります。住み慣れた自宅で生活できるよう、サポート致します。お気軽にご相談ください。

045-744-7683
平日9:00~17:30(土日祝休み)

相談からサービス利用までの流れ

サービス利用までの具体的な手続き

サービス利用までの具体的な手続き

お電話等でご相談をいただき、当事業所のケアマネジャーがご自宅に訪問し状態を確認します。更にご本人やご家族のご要望を確認し、どういった医療、介護サービスを調整することで自宅での生活が続けられるかご提案、ご説明いたします。ご同意をいただき、具体的なサービス調整に入ります。ケアマネジャーが迅速に対応します。

①既に介護認定を受けており介護保険者証を持っている

ケアマネジャーがサービス調整をしケアプラン作成
   
サービスの実施

②これから介護申請をする

区役所に介護申請(ご本人、家族が行うか、ケアマネジャーが代行申請)
   
認定調査(区役所か区役所の委託機関から調査員が自宅や病院、施設に訪問し、心身状況を聞き取ります)、医師の意見書(主治医が意見書を作成)
   
介護度の決定(1~2ヶ月程度かかります。遅いことがほとんどな為2ヶ月程かかると思ってよいかと思います)
   
ケアマネジャーがサービス調整をしケアプラン作成
   
サービスの実施

※介護保険は申請した時点から介護サービスを利用できます

介護度のわからない状況でも申請した時点でサービスは利用できます。ただし、介護度によりサービスの使える種類や量は異なる為、ケアマネジャーに相談しながら進めていく必要があります。

045-744-7683
平日9:00~17:30(土日祝休み)

令和5年度 事業所実績

【項目】【事業所情報】
従業員数ケアマネジャー8名 事務担当(相談援助補佐)2名
特定事業所加算Ⅰ・医療介護連携
相談件数215件
退院退所加算算定件数(連携回数)76件(連携87回)
ターミナルケアマネジメント加算算定件数15件

求人

ケアマネジャーが8名おりますが、まだまだケアマネさん募集中です。

残業はほぼないのでご安心を!

トライドケアマネジメントの仕事の特徴は、業務の無駄を省くことや質を担保することに力を入れています。マニュアルがありチェックもしっかり行います!システム化されている為、件数を担保しながら、ほぼ残業もなく仕事を終えることができています。

小さなお子さんを育てながら働けるよう、在宅ワーク(テレワーク)もできる環境です。自宅で事務所と同じように仕事ができます。
未経験からスタートしたケアマネジャーが半数以上ですが、みんなで助け合いながら日々業務に取り組んでいます。考え方や取り組みは、定期的にブログでUPしています。

是非、電話かweb応募フォームからご応募ください!

ケアプランデータ連携システムの活用・推進

介護業界の時代が変わる

ケアプランデータ連携システムトライドケアマネジメントは、弊社のケアマネジャー、事務スタッフ、更にサービス事業所の負担を減らす為、『ケアプランデータ連携システム』を活用・推進しております。

一日でも早く紙をはじめとしたローカル作業を終了したいと考えております。

国保中央会が運営するケアプランデータ連携システムの普及は、介護業界における生産性向上を達成するための重要なツールだと考えております。

多くの業界で人材難によるDX化が近々の課題となっています。介護業界も同様です。人材難=人がやらなくていいことはツールで対応、人は人にしかできないことををやる。そういうことだと認識しています。

業界によって既にPC上のルーティンワークはツールにより、もはや自動化されはじめています。世の中が大きく変わる瞬間であり、介護業界だけ別?ということはありません。このDX化の流れに抗うことは非常に難しいと考えます。

「ソフトが対応していない」、「うちはやるつもりがない」、「年配なのでよくわからない」、「経営戦略が違う」等といった話ではないはずです。

だからこそ、人や企業、ベンダーは変わる勇気が必要なのではないでしょうか?

ケアプランデータ連携システムは、在宅介護業界のDX化の第一歩であり、単なるペーパーレスの話ではありません。後々は、電子交付や電子同意等、利用者に関わる医療・介護の情報共有・連携等にもつながる第一歩です。

『医療DXの推進に関する工程表』、『全国医療情報プラットフォーム』を確認してみてください。

>>> マイナ保険証から、医療介護の情報共有等『医療DXの推進に関する工程表』
>>> 全国医療情報プラットフォームの全体像