最近、私の周りでも退院退所加算のカンファレンスの要件が話に上がります。この要件は結構厳しいです。。。

 

おかげで取り下げ再請求しました。ちゃんと調べなきゃいけなかったなと反省ですが、30年4月の時点で、調べた時は今ほど情報がなかったようにも感じます。いい訳です( ゚Д゚)

 

では具体的にどういった内容なのか?とってもいいwebsiteがあったので、引用させてらもいました。

 

 

ケアマネジャーが退院退所加算を算定する際のカンファレンスの要件

同加算のカンファレンスは、診療報酬の算定方法別表第1医科診療報酬点数表の退院時共同指導料2の注3の要件を満たすものとされてます。退院時共同指導料2の注3には、
・入院中の保険医療機関の保険医又は看護師等が、
・在宅療養担当医療機関の保険医若しくは看護師等、
・保険医である歯科医師若しくはその指示を受けた歯科衛生士、
・保険薬局の保険薬剤師、
・訪問看護ステーションの看護師等(准看護師を除く)、理学療法士、作業療法士若しくは言語聴覚士、
・介護支援専門員又は相談支援専門員
のうちいずれか3者以上と共同して指導を行った場合に、多機関共同指導加算として、2,000点を所定点数に加算する。

とあります。

<参考>
問 「3者以上と共同して指導を行った場合」の「3者」とはどのようにカウントすればよいのか。
答 「3者」とは、算定する保険医療機関の関係者を除外したうえでの数。したがって、実際現場に集まるのは4者以(入院医療機関の医師・在宅療養担当医師等以外に、歯科医師、薬剤師、訪問看護ステーションの看護師、介護支援専門員等)となる。
(「診療点数早見表[医科]2018年4月現在の診療報酬点数表」 269頁 より)

これらの要件に十分留意した上で、同加算の算定をされますようお願いいたします。
また、当該医療機関で、多機関共同指導加算を算定されるかどうかも確認するとよいでしょう。

なお、上記の退院時共同指導料2の注3は、平成30年3月までの退院・退所加算で、入院又は入所期間中3回まで算定できるうちの1回について定められていた「入院中の担当医等との会議(カンファレンス)」と同じものになることを補足します。

 

 

退院時共同指導料2の注3

注1 保険医療機関に入院中の患者について、当該保険医療機関の保険医又は看護師等、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士若しくは社会福祉士が、入院中の患者に対して、当該患者の同意を得て、退院後の在宅での療養上必要な説明及び指導を、在宅療養担当医療機関の保険医若しくは当該保険医の指示を受けた看護師等、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士若しくは社会福祉士又は在宅療養担当医療機関の保険医の指示を受けた訪問看護ステーションの看護師等(准看護師を除く。)、理学療法士、作業療法士若しくは言語聴覚士と共同して行った上で、文書により情報提供した場合に、当該患者が入院している保険医療機関において、当該入院中1回に限り算定する。ただし、別に厚生労働大臣が定める疾病等の患者については、当該患者が入院している保険医療機関の保険医又は看護師等が、在宅療養担当医療機関の保険医若しくは当該保険医の指示を受けた看護師等又は在宅療養担当医療機関の保険医の指示を受けた訪問看護ステーションの看護師等(准看護師を除く。)と1回以上、共同して行う場合は、当該入院中2回に限り算定できる。2 注1の場合において、入院中の保険医療機関の保険医及び在宅療養担当医療機関の保険医が共同して指導を行った場合に、300 点を所定点数に加算する。ただし、注3に規定する加算を算定する場合は、算定できない。3 注1の場合において、入院中の保険医療機関の保険医又は看護師等 入院中の保険医療機関の保険医又は看護師等が、在宅療養担当医療機 が、在宅療養担当医療機関の保険医若しくは看護師等、保険医である歯科医師若しくはその指示を受けた歯科衛生士 、保険医である歯科医師若しくはその指示を受けた歯科衛生士、保険薬局の保険薬剤師、訪問看護ステーションの看護師等(准看護師を除く。)、理学療法士、作 、訪問看護ステーションの看護師等(准看護師を除く。)、理学療法士、作業療法士若しくは言語聴覚士、介護支援専門員 、介護支援専門員(介護保険法第7条第5項に規定する介護支援専門員をいう。以下同 じ。)又は相談支援専門員(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定計画相談支援の事業の人員及び運営に関する基準(平成 24 年厚生労働省令第 28 号)第3条第1項又は児童福祉法に基づく指定障害児相談 支援の事業の人員及び運営に関する基準(平成 24 年厚生労働省令第 29 号)第3条第1項に規定する相談支援専門員をいう。以下同じ。)のうちいずれか3者以上と共同して指導を行った場合に、多機関共同指導加算として、2,000 加算として、2,000 点を所定点数に加算する。4 注1の規定にかかわらず、区分番号A246に掲げる入退院支援加算を算定する患者にあっては、当該保険医療機関において、疾患名、当該保険医療機関の退院基準、退院後に必要とされる診療等の療養に必要な事項を記載した退院支援計画を策定し、当該患者に説明し、文書により提供するとともに、これを在宅療養担当医療機関と共有した場合に限り算定する。5 区分番号B003に掲げる開放型病院共同指導料(Ⅱ)は別に算定できない。

 

参考URL:https://sapporo-cmrenkyo.jp/images/pdf/20180613taiinji.pdf

 

まとめ

カンファレンス要件をクリアーするのは結構難しい(笑)

算定するには最も現実的なのは、下記のパターンではないでしょうか?

在宅サービス側は、在宅診療所のMSWか看護師、訪問看護師、ケアマネのパターンが最も現実的な気がします。

 

現実的といっても難しいですよね(笑)

トライドが算定する時は、基本このパターンです。

 

少ないですが、年間を通じてまるでない訳ではありません。

 

やや話はそれますが、要支援でも結構病院に呼ばれることがあります。当然算定はできませんが、ぜひ要支援も対象にしていただきたいものです。。。