退院退所加算とターミナルケアマネジメント加算

退院退所加算

H30.03~の退院退所加算の回数を確認したところ、なんと34回でした。

退院退所加算取得には至らないものを含めれば、35回以上ははるかに超えています。

退院できない、退院したがサービスを利用しなかった、退院したが結果が要支援だった等々。

 

それでも35回以上は超えているだろうと思っていたのですが、超えていませんでした(笑)

 

トライドの場合は、既存の利用者様が入院して、退院退所加算を取得というケースもありますが、圧倒的の多いのが新規相談で退院前にカンファレンスを実施するケースが多いです。

 

12/10㈪に病院で退院前カンファの予定が入っています。無事退院できればついに35回達成です^^

3人の小さな事務所ですが、35回という一定数は超えるのだなと嬉しく感じます。

トライドは医療に強い居宅というよりも、円滑な連携(スムーズな退院調整やネットワーク構築等)の方が強いように感じます。そうではないのかもしれませんが、一定の数字が残せたことは評価できるように感じます。

 

トライドに相談をしてくれる、地域の医療機関の看護師様・相談員様、総合病院の退院支援の看護師様・相談員様、地域包括支援センターの皆様に感謝です^^

 

ありがとうございます^^

 

 

ターミナルケアマネジメント加算

トライドがターミナルケアマネジメント加算の申請を行ったのが今年の9月です。

来年2月までの期間は、6ヶ月です。

現在の取得件数は3件。よく3件も取得できたなと感じます。

 

それほど、末期がんの方のケアマネジメントが多いのだと感じます。

 

ターミナルケアマネジメント加算取得時は、この加算の算定は困難と感じていました。

実際には算定に至らないケースもありますが、逆に、最期だからこそ、入浴の回数を増やしたり、ヘルパーさんと連携を取り → 看護師 → 主治医に相談するといった必要性の高い方もいらっしゃいます。

 

退院退所加算と合わせ、円滑な医療連携のできるようなケアマネ事務所、選ばれるケアマネ事務所でありたいと強く感じます。

 

今後ともよろしくお願いします^^